ホーム > 不育症の方へ

不育症の方へ

不育症について

不育症の原因は様々です。大切なことは流産あるいは死産を経験されたら、次回の妊娠を考える前に受診してください。
妊娠がわかったときは、すでに卵が受精してから約2週間が過ぎています。その時点からの治療では遅いときもあります。


あまり知られていない不育症

1.血小板増加症
あまり知られていない不育症に血小板増加症があります。血小板は出血を止める働きを持つ血球成分です。一般的にはその数は1ミリ立方メートル中に20万―30万くらいです。血小板の中には血液凝固、血管収縮を亢進させる物質が大量に含まれています。血小板数が50万を超えるとき、流産を繰り返したり、妊娠中期・後期におなかの中で赤ちゃんがなくなることがあります。

この場合の治療には、ヘパリン、オルガランによる抗凝固療法が極めて効果があります。この治療で、これまで約10人の患者さんが元気な赤ちゃんに恵まれています。
2.感染が原因となる不育症
子宮頚管無力症にかかってしまうと、下腹部痛や性器出血などの自覚症状がない状態で、子宮口が開いてしまいます。その状態のままにしておくと、100%流産か早産になってしまいます。子宮頚管無力症は、妊娠中期(妊娠13週~27週)の頃に起こりやすく、最も発症しやすい時期は妊娠20週前後です。

原因は大きく分けて二つあります。
一つは、もともと子宮が小さいか、子宮の口が柔らかいか、内子宮口と外子宮口が短くなっていることです。一種の子宮奇形と言えますが、このような原因を持つ方はほとんどいません。むしろ感染が原因になっている場合がほとんどです。膣内細菌のバランスが崩れて(膣内の善玉菌 ラクトバチルスが減少あるいは消失)、感染を受けやすい状況にあると、膣から上行感染が起こりやすくなります。また、特殊な菌(ウレアプラズマ菌)が繁殖しやすい状況になれば、これも上行感染、早期破水、早産の可能性を大きくします。

当クリニックは、大阪府立母子保健総合医療センター研究所と共同で、これらの感染を防ぐ方法を開発し、大きな成果を挙げています。