医療設備

設備写真

超音波診断装置
当クリニックでは、最新のフルデジタル超音波診断装置を2台導入し、検査を行っております。
超音波検査は、一般的にエコー検査と呼ばれており、人には聞こえない音を利用した検査です。
この検査では臓器の形や大きさ、動き、血液の流れ、速度などをリアルタイムに観察することが可能です。
超音波を体内に送るプローブを胸や腹部に当てるだけですので、痛みや苦痛は全くありません。安心して超音波検査を受けていただけます。
image1image2

 
レントゲン装置
レントゲン装置
デジタル処理にて撮影いたしますので、撮影時間が早いため被爆量も少なく正確で鮮明な画像が得られます。
そのため診断も正確に行え、撮りなおしなどはほとんどございません、安心して検査をお受け下さい。
CRP測定器 Latessier
CRP測定器 Latessier
CRP(C反応性蛋白)検査は、体内に急性の炎症や組織の損傷がある時に血液中に増える蛋白質の一種であり、代表的な炎症マーカーです。炎症に対して鋭敏 に反応し病態の改善後速やかに低下しますので、感染症の早期診断・病状把握及び抗生物質の投与に対し客観的な判断の指針として有用です。




特長
  • 血清・血漿はもちろん、全血でも測定できるので、短時間で結果が出ます。
  • 必要な血液量は10μLで非常に少ない量で測定できます。
  • 測定時間は約1分、患者さんをお待たせいたしません。
多項目自動血球計数装置 pocH-100i
多項目自動血球計数装置 pocH-100i
血液検査の機械です。
測定時間は約125秒と非常に早く患者さんにお待ちいただく時間がほとんどありません。
採取する血液の量も約15μLと非常に少量の血液で検査できます。
安心して検査をお受け下さい。

測定項目
WBC、RBC、HGB、HCT、MCV、MCH、MCHC、PLT、W-SCR、W-MCR、W-LCR、W-SCC、W-MCC、W-LCC、RDW-SD、RDW-CV、PDW 、MPV、P-LCRの19項目を測定できます。